CMU運営メンバーMTG!

0

CMUが始まったのは、2013年8月。
なんともう3年!

 

 

S__6152214

現在の運営メンバーは7名。
運営メンバーは全員、会社員をしながら仕事後や週末の時間を使ってCMUの活動しています。
みんな、自分自身の企画やイベント運営のスキルを磨きたいなど色んな目標をもっていますが、
共通しているのは、「キッカケをサポートしたい」という想い。

久しぶりに全員そろってMTGをしてきました。
CMUってどんな場所にしたいんだっけ?そんな事を一度まっさらな状態にしてみんなで考え直してみました。
CMUは「最初の1歩を応援する場所」そして「楽しく、安心して、手の届く小さな野心が生れる場所」と設定いたしました。
「安心」は大きな課題です。
今の世の中、セミナーやワークショップは溢れていて、怪しいものや本質的ではないものが多い中、初めての人にもCMUに安心して来てもらえるように、今後は運営メンバーの事なども積極的にPRしていくことにしました。

あんまりキラキラ女子にはなりきれない私たちですが、等身大の奮闘記も見守ってください。

S__29646850
CMUの運営は、やりがいがあります。
やりがいがあるってなんで言えるかって言ったら、喜んだり、もがいたり、ゴタゴタやって、当日報われるからです。

CMUで講師をしたい!って人がいたら、企画会議の時間を設けます。
CMUは、講師といっても最初の1歩を応援しているコミュニティです。
講師をしたい!っていう方々は、とても素敵な想いやスキルを持っていますが、講師自身もその想いやスキルをどう形にすればいいかがわかっていない事がほとんどです。

企画会議を通して、どう切り取り企画を作るのか?どこにターゲットを設定するのか?
などをまとめていきます。
講師にとっては当たり前になっている事ほど響く事が多く、「それ、いいですね!!」と言うと、ポカーンとされることも多いです。
裏では、会場探しや必要な備品の手配などが進み、そして、集客。
講師の想いを言葉にして、告知文を作り当日までに参加者を集めます。
誰でもいいから来てほしいではなく、その企画を必要としている人に届いて欲しい。
そんな想いで、集客をします。

1つの講座を作るのに3ヶ月の時間がかかっているのです。

会社員をしながらなので、時にはいっぱいいっぱいになりながら、
だけど「挑戦をしたい!」そう思う方のサポートが私たちの役目!
絶対うまくいく!頭の中にイメージがあるので、当日までは走るのみ。

 

S__29646853

そして当日。
運営メンバーが一番心が満たされる瞬間です。

3ヶ月準備してきた講師の晴れ舞台。
緊張がこちらまで伝わってくる場合もありますが、終わった後の講師の笑顔。
自信が講師の中に生まれた事が、見ていて本当にわかります。

そして来てくれた方々が、少し自分の事を考えてくれるのがわかります。
自分にとって当たり前だったこと。これは隣の人の役に立つのかも。

大人になって仕事以外で挑戦する機会なんて、自分で作らない限りなかなかありません。
別に挑戦なんてしなくたって幸せに生きていけます。
だけど、ステージで輝く講師を見ていると、なんだか自分もやってみたい。
あのステージなら登れるかも。そんな小さな野心に火がつきます。
このCMUの場で生まれるこの空気。
CMUの運営メンバーはこれにやみつきになっているのかもしれません。

次回の講座は、9/25
もうすぐこのサイトでも募集開始しますので、お楽しみに!

So, what do you think ?

  • CAPTCHA