CMU企画会議~あなたの好きを講座にする方法~★レポート

0

2016年3月12日に開催したCMUの報告レポートをお送りします。

【CMU企画会議~あなたの好きを講座にする方法~】
http://cmu-x.com/http://cmu-x.com/event/160312cmukikaku.html

ちょっとした好きや得意をシェアするステージ CMU。

通常は、CMUプチ講師に立候補頂いてからCMUの運営メンバーとする企画会議。

今回はその企画会議を、過去の講師メンバーを交えながら実際にその場で作ってみよう!という新しい試みをしてみました。

**************

まずは代表の村上あゆみちゃんがファシリテーターとして、
今までプチ講師にチャレンジしたちゅうもえメンバーとトークセッション。

プチ講師には興味があるけど、中々一歩を踏み出せない…
具体的にどんなことをしたらいいの?
自分の得意なこと、人に話せる内容かな?
講師をやるために必要なことってなんだろう?などなど。

講師経験メンバー一人一人が、講師経験を通じて感じたことを話してもらいました。

なるほど!と思う言葉がたくさんあるのですが、全部書くととんでもない量になるので(笑)
ここでは幾つかピックアップしてご紹介します。

12814562_979275162152281_8014838701925234002_n

 

★CMUで講師をしようと思ったきっかけは?

ツイッターを通じて、ちゅうもえメンバー内からシェアしてほしい!という声があった。(投資や株についての知識。職業とは関係ないけど、趣味でやってきた知識をシェア)
CMUの1周年をきっかけに、自分がブログで発信していた居酒屋おつまみを提供。など
仕事や大学で学んだ美容知識をシェア

10513335_1769820916585697_813965978548967110_n

★講義テーマを決めるときに気をつけたこと

講座のタイトルにこだわる⇨ちゅうもえらしさを大切に!
ターゲットを細かく決める⇨幅広い人をターゲットにすると軸がぶれる
明日から参加者がすぐ行動できるように、会の目的とゴールををハッキリさせること
Ex)スキンケアの講座⇨写真を撮ってみたくなる美容
CMUらしい魅せ方とは?専門用語はわかりやすく、噛み砕く

★講師経験を通じて変わったこと

発信していきたい内容が変わった!⇨参加者のニーズがある内容の発信
CMUでの講師をきっかけに、自分もワークショップを企画するようになった、ちゅうもえメンバーを通じて、京都で講演会をすることに!
自分に自信がついた。視点を変えれば、周りに発信・伝えられることはたくさんあることに気づいた
みんなからのフィードバックや、喜びの声が嬉しい❤️
期限を決めると、やらなくちゃいけなくなる⇨結果なんとかなる!?

特に印象的だった言葉は、「自分がやりたい!これが好き!と周りに言い続けると、自然と周りに必要なことや仲間が集まってくる」ということ。
どんなに素敵な想いやスキルを持っていても、言葉にしないことには気づいてもらえませんよね。
まずは恥ずかしがらずに、周りに「私こんなことが好きです!」でも良いし、

「私こんな仕事してます!」とアピールすることから始めてみませんか?
案外身近なところに、自分を強力にサポートしてくれる人がいるかもしれませんね。

1929267_979275432152254_4082951363796086930_n

ランチタイムには、ちゅうもえメンバーはお馴染み村上萌さんのGARTENのサンドイッチを食べながら、
自分だったらみんなに何をシェアできるか、参加者一人づつ紙に書いて発表しました。

10603276_979275155485615_9047243547566020279_n

会が始まる前には、なんとなくフワフワしていた参加者の「得意」が
会が終わる頃には、「こんな得意をシェアします!」がたくさん生まれました。

10389536_979275508818913_5618335894668539800_n

実際、この企画会議が終わってから続々と参加者の皆様から講師希望の企画書が送られてきております!
年内〜年明けまで面白そうな企画ばかり…みなさまこうご期待★

So, what do you think ?

  • CAPTCHA